農林水産省認可資格である国産ジビエ認証。

本日はその国産ジビエ認証のワーキンググループとしてミーティングがありました。

日本ジビエ振興協会の代表理事 藤木さんはシェフでありジビエ流通に力をいれている方です。

「ジビエをブームで終わらしてはならない。」

お話の中で鳥獣害被害は基より、「食」という点からシェフである藤木さんより

「イベリコ豚やジンギスカンという食ブームが過去にあり今は衰退している。」

「現状の生産者が末永く続くためにはブームであってはならない。」と話されていました。

それは勿論ジビエ産業にも当てはまることであり、ジビエの衰退は鳥獣害被害抑制の衰退を意味します。そしてなにより処理場に関わる人を悩ませるのは、「儲からない」「きつい」そして「捕獲は困難になるうえにこの先に衰退が見える商売」という事だと思います。

ジビエ処理場の人は専属にてジビエ処理施設を運営しているところは国内の半数しかありません。地域貢献という意味で副業的に行う方々が多いのが現状です。

衰退が見える産業。それは私も入社時から理解しており、尚且つ私はジビエ屋になりたくなかったのが実情です。丹波山村という場所は仕事を作りださない限り、雇用自体がないのです。

「関東一過疎」という山村域のそれが現状です。それは丹波山村だけではなくこの国の山村に当てはまる事です。そういった地域での人の活動、百姓生活者の減少は、野生鳥獣の増加へと深く関わっています。

当処理施設は捕獲頭数がもともと少ないので一頭を必然的に余すところなく使います。

尚且つ、経営をしていく上で利益化は必須です。

そして利益化は一時的なものではなく、その土地に根づいた生活、仕事でなければ

結果的にこの村という最前線で対策を行うことが出来ないのです。

それは国内にある森林環境の衰退を意味します。

藤木さんがおっしゃる通りジビエを食べてもらう事も重要です。

私はジビエの流通を入社時から”環境の名刺”として扱っています。

”加工品によって問題という背景が見える事”、

そのタバジビエというところから、

加工品を手に取るだけではなく「狩猟」という目的を知るために

わざわざ山奥へと来て、「狩猟」とは何かを考えてくれている方々がいらっしゃります。

”消費者ではなく捕獲者になり自給率をあげてくれる人”

その人たち。マスなプレゼンは苦手なのでわざわざ来てくれるその人たちへ

真摯に話していきたいと思っています。

何が言いたいかといいますと、

「イベントの終了時刻は押す可能性があります。」という話です。

6月よりは、環境・丹波山村文化にフォーカスしたイベントを行います。

狩猟学校 スケジュール

6/4 (土)  13時 基礎講座 15時 環境・文化講座

6/5 (日)  13時 罠猟実践

6/11(土) 13時 鳥類の解体 

6/18(土)  13時 基礎講座 15時 環境・文化講座 

6/19(日)  9時 銃猟実践

6/25(土)   13時 鹿の解体講座 

7/2  (土)   13時/基礎講座 15時/環境・文化講座 17時/謝肉祭(会員限定 参加無料)

お待ちしております。

タバジビエ なかざわ